エコと小さなお店の関わり

一概には言えませんが、小さなお店をしている人ってこだわりの強い人が多いと思うのです。
実際、今まで取材してきた人の中で、いい加減な人は一人もいませんでした。
つまり強い思い入れを持って仕事に取り組んでいるということは、素材選びにもきちんと目を光らせています。
信頼できる生産者と密な関係を築き、真心込めて作られた生産物の美味しさを最大限に引き出そうと皆さん努力しています。
お店の立ち位置は、生産者とお客様をつなぐ場でもあります。

小さなお店は、今でこそ浸透したトレーサビリティと言われるような生産者が見える流通を、日々当たり前のように行っています。
それくらい体にいいもの、安心できるものばかりを取り扱ってると言って過言ではないでしょう。
むしろお客様に提供するのに、得体の知れないものを使うことに対して嫌悪感すら抱くでしょう。
(プライベートではそうでもないと思いますが)

よって、小さなお店で食事をするということは、健康にもいいし地球環境にもいいと言えると思っています。
美味しい食事をすることが極めてエコな活動に貢献しています。
例えば有機野菜やいい調味料は少し値がはることもあるでしょう。
でも自分の体を作る食事を大事にしていかないと、粗悪なものを食べたことによって、おいおい病気をして高い医療費を払っていては本末転倒です。
社会システムは便利さや早さにどんどん向かっていますが、このサイトを通じて少しゆっくり進むことで大切なことに気付いてもらえるとうれしいです。

自分の体のためにも、地球のためにも、未来をつくる子供たちのためにも。

メッセージを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

message

REATABLE
 
 0 messages