理想と現実

お店を営んでいると、
どうしても一部の情報だけが切り取られて、
温度差のある解釈が生まれることがあります。

例えば、
「人気」や「流行ってる」などの言葉は、
予約が取れなかったり、行列ができてるのを見たり、
点の情報から拡散していきます。
だからといって、
その状態がずっと続いているわけではないので、
必ずしも本当の意味で、
お店が多大な恩恵を受けてるとは
言えないような気がします。
特に小さいお店に当てはまる現象かもしれません。

飲食業は特に一年を通して売上に波があるし、
一日で見ても時間帯で来客に波があります。
来客の集中してる時間帯だけが噂になったり、
お店側が発信する「完売」や「閉店」の言葉だけが
切り取られて忙しいイメージが作られます。
話題にもしやすいですよね。

小さいお店は、
そもそも作れる量に限度がありますし、
こだわればやっぱり時間もかかります。
たくさんのお客様に
利用してほしい気持ちがありながらも、
全員に均一なサービスを提供するのは難しく、
そんなジレンマを抱えながらも、
何が最善なのか悩みながら日々活動しているところが、
なぜか愛おしくてなりません。

物事を点だけではなく、
線や面で捉えれば見える世界も変わり、
互いの理解も深まると信じてやみません。
まずは知ってもらうことが大切。

メッセージを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

message

REATABLE
 
 0 messages